スケート教室

スケート教室の流れ
平成27年度の様子です。内容は実施年度により異なる場合があります。


 幼稚園バスで秋田県立スケート場に到着。保護者の皆様の手を借りてスケート靴をはきます。


 リンクの中へ赤ちゃんハイハイで入ります。冷たそうに見えますが、ウェアや手袋等を着こんでいるので思ったほどではありません。


 記念撮影や準備運動を経て、リンクの中央へ行き、立つ練習をします。


 ペンギンさんのように手を広げ、バランスをとります。子どもたちはいっぱい転びますが、出来るだけ自分の力で立ちあがります。


 マットにつかまり、滑る感覚に慣れていきます。


 終わる頃には大部分の子どもが、歩いたり滑ったりする事が出来るようになりました。